総量規制とは? ?>

総量規制とは?

総量規制ってご存知ですか?
総量規制とは、対象の金融会社から借り入れをするときに、借り入れ金額の合計が借り入れする人の年収における3分の1を超えてはいけないという決まりのことです。
貸金業法によって定められています。
つまり、収入のない人(専業主婦や無職など)は、貸金業法が適用される金融会社からは借入ができません。

総量規制の対象になる金融機関

総量規制の対象、つまり貸金業法が適用される金融機関は次のとおりです。

  • 消費者金融
  • 信販会社

消費者金融とは、消費者信用とも呼ばれ、信用を担保にした貸金業です。
ほとんどの会社が即日融資を行っています。
金利が、銀行や信販より高い傾向にありますが審査は通りやすいのが特徴です。
信販会社とは信用販売の略で、メイン業務はクレジットカードによる代金立替払いとその集金です。
クレジット会社と考えてよいでしょう。

総量規制にならない金融機関

総量規制の対象にならない金融機関は銀行です。
銀行は、銀行法にのっとった業務をしていますので、貸金業法は適応されません。
年収にかかわらず借り入れができますが、厳正な審査を通過することが必要で返済能力がなければ借り入れはできません。

総量規制の対象にならない借り入れ

次の借り入れは、総量規制の対象になりません。

  • 車や家のローン
  • 高額療養費の借り入れ
  • 不動産担保

上記以外の借り入れはおおよそ総量規制の対象になると考えてよいでしょう。

総量規制における年収とは

年収の3分の1以上の借り入れはしないという決まりですが、ではその年収とはどのようなものでしょうか。

  • 給与
  • 年金
  • 恩給(ボーナス等)
  • 事業以外での不動産家賃の収入

宝くじや競馬、パチンコなどによる収入は一時的収入として、この場合の収入には含まれません。

総量規制の範囲内での借り入れは自由

このように、総量規制における借主の年収3分の1以内の貸付は、借主の無理のない返済を目的としたもので、この範囲内であれば、自由に借り入れ、支払いができます。
返済能力に応じた借り入れをお勧めいたします。
詳細はこちら(⇒専業主婦が家族に内緒でお金が借りられる銀行カードローン)のサイトで知ることができます。